悔いのないカーライフを目指して

SUPER CAR LIFE

ドイツ車 メルセデスベンツ 所有している・所有していた

このブログについて

更新日:

唐突にこのブログを書き始める事にしました。

おかげさまで今まで色々な車に乗りましたが、現在乗っている車は会社名義のリース車両になります。(投稿時現在)

リースの特性上、当たり前なんですが車は返さないといけないので、もちろん返却してしまうと当たり前ですが最後に車は残りません。結果大金を払って乗っても、結局は写真数枚といくつかの思い出しか残って無い事に最近気がつきました。

欲しい車はある、買う、返す、これだと消費してるだけのただのユーザー、色々頑張って車を所有するだけの仕事と年齢を重ねた訳ですが、車を始めて購入したときのドキドキ感はなくなってしまっている自分がいました。もちろん少しは楽しい感覚はありますがあの時の様にはならない自分がいたのです。

NSXが欲しい!

時は平成2年、当時自分は20台前半NSXが鮮烈にデビューしてホンダからデリバリーが開始されました、当時の自動車関連雑誌を読み込み夢を膨らましていて、当時の実際の販売価格を自分の当時の出せる金額で支払いプランを立てて見ると…

NSXに100年??

当時の月の手取り15万、そこから出せる金額は頑張って1万円

NSX1200万円➗月1万円=1200ヶ月 → 100年??

こりゃだめだ・・・、当時はバブル全盛期、街やテレビでは浮かれてましたが、自分は夢を見ているだけのただの青年でした。

そんなある日近くの日産の中古車センターにある車を見つけました。ホンダプレリュードでした。

105万円のプライスがつけられてましたが、なんとか保証人無しで36回払いでのローンでの購入に成功し、20代前半をこの車と共に過ごしました。エアコンは壊れるわタイミングベルトはブチギレるわ、極め付けはブレーキの故障と暴れまくりの車でしたが、お金を払った以上の思い出と感動を自分にくれた車でした。

そうだ、残そう!

頑張って自立し、会社を起こし、車を買える様になった自分に今あったのは、買って返すだけのカーライフ、そんなのカーライフじゃないあの時の車と言うドキドキを叶えられる様になった自分は当時の自分に何か申し訳なく、この車が売れない時代にでも、車が欲しくて夢見ている人はかならずいるはず。

そうだ、これまでの体験やこれからの体験を少しでも残していこうと思いこのブログを立ち上げたのが理由なのです。

色々な人のカーライフの参考になる様な記事を残していこうと思います。

 

 

 

-ドイツ車, メルセデスベンツ, 所有している・所有していた

Copyright© SUPER CAR LIFE , 2019 All Rights Reserved.