悔いのないカーライフを目指して

SUPER CAR LIFE

イベント ウラカン ランボルギーニ 生活スタイル

【ランボルギーニ青山】ランボルギーニ ウラカン EVO デビューフェアに行ってきました

投稿日:

【ランボルギーニ青山】ランボルギーニ ウラカン EVO デビューフェアに行ってきました

ランボルギーニ青山で介された「ランボルギーニ ウラカン EVO デビューフェア」に行ってきました」このパーティは実際に購入を検討しているお客さんや、購入を決めた人たちに向けたパーティーで、粗誘いを受けたので早速言ってきました。

いつものコーンズ青山と違うぞ??

この日は地下鉄で青山一丁目の駅から徒歩で向かいしました、そうするといつもと違った不奮起になっているショールームがそこにありました。

中に入ると歴代のランボルギーニのイラストがズラリ。

ちゃんとウルスまでありました。

どーんと、中央に鎮座しているランボルギーニ・ウラカンEVOです。この前の発表会のオレンジとは少し違うオレンジをしていました。

偉い人からの挨拶後、パーティーが開始されました。

おや??、こっこれは!!、ランボルギーニ風の椅子ではありませんか!、ほっ欲しい!!

近くにカタログがありました、どうやらここの家具の1つらしいです。

おお!、ありましたちょっと画面が見づらいですが。同じ商品の様です。

お値段、48,000円か・・・、買うには勇気がちょっと必要です。

パーティが始まるとEVOの周りにはいつも人だかりです。

なんと座っていいとの事!!、早速カメラ起動のまま座らせていただきました。

今回の一番の注目のセンターコンソールです。今回は落ち着いていろいろ触ってみることに。

画面をタップすると、なんとセンターコンソールのHMI容量性タッチスクリーンをタップすると。こっこいつ動くぞ!

いろいろ触りましたが、エンジンが停止しているので、押せる部分が限られていましたね。ナビを選択すると海外仕様のEVOなので画面がぐるぐる回っていました。

さりげなーく、テーブルにEVOのミニカーが展示されていました。

EVO雑感

前回のパーティと同様に和やかな雰囲気でパーティは進行しました。今回の展示されてたEVOは本国仕様のEVOで、しかも初期ロットでおそらくテストコースをかなり走り込んだものらしく、実際にエンジンをかけて走行距離を見てみるそれ相応の走行距離が表示されたそうです。

センターコンソールの周りの処理がちょっと寂しいなと思うのと、見た目のデザインが小変更に留まっているのがちょっと残念な点ですかね?、ここは賛否両論あるところですが。

帰りに

1時間ちょっとのお邪魔でしたが、帰りにチョコレートをいただこました。ありがとうございます!!。

 

ランボルギーニ青山

-イベント, ウラカン, ランボルギーニ, 生活スタイル
-, , , ,

Copyright© SUPER CAR LIFE , 2019 All Rights Reserved.