悔いのないカーライフを目指して

SUPER CAR LIFE

911(964) ドイツ車 ポルシェ

ビンテージ空冷ポルシェ911type964納車されましたが、早速新参ポルシェオーナー罠にハマりました

更新日:

ビンテージ空冷ポルシェ911type964納車されましたが、早速新参ポルシェオーナー罠にハマりました

ポルシェ911type964納車されました、納車されたのはいいのですが、新参者のポルシェオーナーとしていきなり洗礼を受けてしまいました、空冷のビンテージポルシェやっぱ奥が深いですね。

詳しい内容は動画を見て頂くとして、こちらでは改めて中古車の難しさを書いて行きたいと思います。

中古車ポルシェ屋さんも新車のポルシェセンターも苦労するポイントは似てるかも

まず、新車のポルシェ718ケイマンも新車のポルシェ911type992も買って、最初の納車日にいくつか共通で言われた事があります。

1.遅いスピードでハンドルを思いっきり切って曲がるとかなり大きい音がします

2.ワイパーを動かした時に異音がする事があります

1.に関しては、ポルシェは低速時にハンドルを大きく切って曲がると、フロントタイヤの内側と外側の切れ角がほぼ同じなので、前輪が横滑りしてしまい「ゴリゴリ」という異音が発生します。詳しくは「アッカーマン・ステアリング・ジオメトリー」と「パラレル・ステアリング・ジオメトリー」の違いで、ここでは詳しくは説明しませんが、説明を受けずに乗ってしまうとかなりビックリしますよね。たまにクレームがあるみたいで、納車のときにしつこく説明されました。

2.も同様で、ポルシェは高速性能を重視した設計で、高速走行時にワイパーがたわまない様に国産車よりもかなり強くガラス面に押しつけている様で、あまり濡れてない状態でワイパーを稼働させると、ゴリゴリっと派手な音がしやすいですね。

ビンテージポルシェにも注意事項ありましたが、動画を作ってると様々な反応が…

ビンテージポルシェにも注意事項ありました、その点が今回の中心の話題ですが。最近ポルシェ関連の動画を多く作っているせいかそのポルシェの動画の中で、数は少ないですが、なかなか批判的なコメントを頂くことがあります。「乗るな系」とかはかなりありますね。自分の車なのに乗るなとはびっくりですが、単純にポルシェ好きな方は保守的な人間が多いのか、それとも単に批判だけしたいだけなのかは謎です。

批判は自由ですが、その批判は何のための批判なんでしょうか?正義?、まあ批判的なコメントには「あなたが幸せそうでなによりです」と書くことにしてます。そして消さない様にしてます。

それでは動画をご覧ください

 

by YouTube

-911(964), ドイツ車, ポルシェ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© SUPER CAR LIFE , 2020 All Rights Reserved.